愛知県から再来店。ご友人をご紹介いただきました!

4月に愛知県よりご来店いただいたお客様。
1ヶ月後にご友人と再来店です。

学生時代の同級生

約1ヶ月前に愛知県からご来店いただき
「レアなハイグレード・ハワイアンコア」の時計ケースを
御注文いただいたお客様。

その際のブログはこちらです→。

今度は学生時代のご友人様と一緒に再来店です。

愛知から車で4時間ほどかかったのこと。
羽田から沖縄往復できちゃう時間です。
わざわざ、本当にありがとうございます!!

1ヶ月間、時計ケースの話ばかり!

今回ご来店のご友人の方いわく、
「レアなハワイアンコアの時計ケースを注文してから
約1ヶ月の間、何度も時計ケースの話を聞かされた」
との事。

「いろんな材の特徴、角度によってかわる木目、貴重さ、何をいつ買ったらいいのか等々…..」

ソウルバードにかわって、かなり宣伝いただいたようです。
ありがとうございます!(笑)

私もそうなんですが、

「レアなものや、いいお店を見つけると
どうしても人に勧めたい!」

その気持ち、すごくわかります!
ありがたい事です。

3メートルの奇跡

約1ヶ月間、ソウルバードの宣伝をお聞きになったお客様(笑)。
早速、サイトをチェックいただき
ほぼ、材を確定してご来店されていました。

「奇跡の縞黒檀」です!

私たちソウルバードでは、過去20年ほどの中で
縞黒檀材で制作できた時計ケースは
ほんの数点でした。

その理由は
「探しても探しても長さ30cm・幅12cm・厚み3〜4cm程」の
材しか入手する事ができなかったからです。

それらの小さい材を複数点入手し、
「組み合わせて制作する」
という方法をとる事で
1つの時計ケースを仕上げていました。

ところが、
「長い柱材の縞黒檀がある!」という話を聞き、
速攻で買い付け!

なんと長さ3メートルもの材の入手に成功しました!

元の姿は4.3寸角(13cm)、長さ3メートル。
普通の建築物で使用されるサイズではありません。

姫路城などで使用された柱と同じ4.3寸角。
相当重要な建築物を支えていたことが想像できます。

1980年代に現地からの丸太の輸出が禁止され
1990年頃には角材での輸出も禁止となった黒檀材。

こんな貴重な縞黒檀で
「天板、側板、底板の全てを共板で制作できる」
という事は本当に希なことだと思います。

現在、ソルウバードでは
この縞黒檀を

「3メーターの奇跡」

と名付けています。
縞黒檀は木材の「質」、という点においてはピカイチなのです。

★縞黒檀材ご注文ページ

偶然ですが…

そんな縞黒檀の時計ケースですが、
偶然にも
「完成した複数のケース」のストックがございました。

その中からお好みの杢のケースを選択し
収納本数を4本用仕様にて御注文が完了です。

縞黒檀5本用ケース


「縞黒檀の完成したケースがある」
というタイミングはソウルバードでは
年間1〜2個ほどかと思います。

凄いタイミングでの出会いでした。

記念撮影

早速、お選びになった革とケースで
記念撮影です。

縞黒檀時計ケースとサブマリーナ

サブマリーナですね。

お話をお聞きすると、
かなり偶然のタイミングで入手出来たそうです。

今回ご友人をご紹介いただいた
ハワイアンコア御注文のお客様の際にも
感じた事ですが、
今回の縞黒檀との出会い、
サブマリーナとの偶然の出会い、

「やっぱりなんか持ってる」

という事でしょうか。

「類は友を呼ぶ」

とは この事かと。
ハイグレードな縞黒檀、
御注文誠にありがとうございます。

ソウルバードにかわって宣伝していただいた
ハワイアンコア御注文のお客様、
誠にありがとうございました。

ご注文のハワイアンコアも
現在制作の真っただ中です。
今しばらくお待ちください。