時計ケース選び。 ご家族でご来店です。

最近ソウルバードのサイトをお知りになったようです。


ご予約をいただいた段階では1本用サイズケースを
2ケースのご予定でしたが…

初めてご来店のお客様です。
おおよその 木材のご案内を行います。

ご来店のお客様の中には10年以上にわたり
サイトをご覧いただいており、
木材によるお値段の違いなどを
なんとなく把握されています。

逆に「つい最近ソウルバードを知った」
というお客様の場合、
ほぼほぼ樹種による金額の違い、
特徴などは把握されていませんので
ここからスタートです。

この日は3組のお客様のご来店予約をいただいていて
時間に縛りがありますので
特にわかりやすい説明が大切です。

時計とのバランスがポイントになります。

カジュアルな木材、「メイプル材」「オーク材」。
そのワンランク上の、「ウォールナット材」。
更にワンランク上の柱材、「紫檀材」「黒檀材」。
ちょっと気合が必要な、「ハワイアンコア」「黒柿」

そんな感じで樹種にランクがあります。

ご予算にもよりますが
「収納される腕時計の雰囲気に合う時計ケース」
という点が最もポイントになります。

赤ワインとラーメンのマリアージュ?

そんな事にならないようにお話しします。

腕時計は高級ロレックスでした。

聞きにくいのですが、わかりやすいので収納される時計をお聞きしてみました。

すると親子でロレックスです。
お父様は「デイトナ」です。
息子さんも「シードゥエラー or サブマリーナ」かと。
どちらにしても高級時計です。

この場合、
「メイプル材」「オーク材」の時計ケースを購入いただくと
後々、
「もうちょっと、いい時計ケースにしておけば良かった!」
となってしまう可能性がございます。
おそらく。

何故かというと
今までの経験で、後々「買い替えされるお客様」を多く見てきたからです。

ですので「デイトナ」は「らしい時計ケース」に収納する事をおすすめします。

ハワイアンコアか紫檀か。

最終的にお客様が迷われたのは「ハワイアンコア」か「紫檀」です。

どちらも捨てがたく
かなり迷われました!

そうこうしているうちに
次のお客様のご来店時間が…….
一旦ご検討いただく、という事でお帰りに…….

ですがその日の内にお電話があり、
再来店です。

1日に2度のご来店、誠にありがとうございます。


こんなに時計ケースの事をお考えになったのは
人生初かと。

結果、後々お使いになる息子さんの趣味も考慮してか
「紫檀」で決定です。
ありがとうございます。

木材から切り出しての制作ですので
早速記念撮影です。



「紫檀材+フランス放牧ラムK001」で制作です。

悩みに悩んでお決めいただいた時計ケース。

将来的に息子さんに安心して引きついでいただける時計ケースに仕上げます。
早速制作に入ります。

お忙しい中、ご家族でのご来店
誠にありがとうございました。