ハワイアンコアとロレックス

メイプル材なのか、モンキポット材なのか、
実に3週間に3回もご来店となりました!!

悩みに悩んで、
さてさて、
横浜からお越しのT様は
どんな時計ケースを選ばれたのでしょう。




メイプル材かオーク材

お電話でご予約のT様がご来店です。
ありがとうございま〜す。


「メイプル材 か オーク材の時計ケースで
内装はpigレザーを検討しています」
との事でしたので早速ご用意してご案内です。


まずこの組み合わせの場合ですが、

●メイプル材(税込)
・5本用サイズメイプル材 ¥32,780
・LOCK無 ▲¥4,620
・内装 pigレザー ¥9,680
・合計 ¥37,840(2021年時の価格です)




●オーク材(税込)
・5本用サイズオーク材 ¥41,800
・LOCK無 ▲¥4,620
・内装 pigレザー ¥9,680
・合計 ¥46,860(2021年時の価格です)


こんな感じの金額になります。

「安い!!」



木材の価値、木目、レザーの品質に
こだわらなければ
この価格帯から
お買い求めいただけます。


っと言う事で、
メイプル材とオーク材の時計ケースを
ご覧いただいた後、レザーのご案内です。

・・・・・・・

ところで
お話をお聞きすると

「靴が好きでイギリスに行って
買ってきたりしています」

とのこと。



っという事は
ソウルバードが取り扱うレザーの
品質の違いについて、
熱いトークができるのでは!?

お客様が
どう判断されるのか…ドキドキしますね!


まずは予定されていた飼育系の『PIGレザー』

価格帯が最もお手頃ですので
品質も比例して
「お手頃」って感じです。


次に、飼育系の『シープレザー』。
PIGレザーと比較すると
明らかに手触り感、
フォルムが綺麗にでる感じがわかりますね。


次に放牧系、
『地中海放牧ラムレザー』。
しなやかな弾力性、シルキーな毛並み、
美しい発色性と
明らかに
『シープレザー』とは異なり、
スエードとしてはこれ以上の
クオリティーレザーはないと思われます。


そして表革の『フランス放牧ラム』。
こちらもフランス H社様用のタンナー製レザーで
圧倒的なクオリティーを誇ります。


「違う〜!」

…T様、


「違う〜!」

っとなると、
このハイグレードのレザーをメイプル材に貼るのか…
木材のをグレードをアップしたものにするのか…

悩みどころです…


そこで、ワンランクアップの木材となると
『ウォールナット』
『モンキーポッド』
っとなりますが


ちょうど出来立ての
『モンキーポッド』が
いい感じで、ストックされていましたので
ご覧にいれます。

まさに南国!!
っという感じのモンキーポッド。

日本の木材では
この雰囲気はありません。


高級材でありませんが
メイプル、オーク材のワンランク上の
時計ケースを探されているお客様には
すごく人気の樹種です。

ですが、
おやおや…?



当初は、
●メイプル材(税込)
・5本用サイズメイプル材 ¥32,780
・LOCK無 ▲¥4,620
・内装 pigレザー ¥9,680
・合計 ¥37,840(2021年時の価格です)

で予定されていたT様。


ちょっとお悩みムードです。
ご予算の予定も変わってきますので
難しいところです。


ですので
「一旦帰宅されて、
 時間をかけて検討されてみてはどうでしょうか」


とご案内し
この日は一旦ご帰宅となりました。


まあまあ、そう焦らず、
メイプル材、モンキーポッド材の時計ケースですと
soldoutになった場合にも
また、作れますので。。




希少性で選ぶ材

さてっ。
この日がやってきましたよ~!


T様、二度目のご来店です!
お目当てのものは決まったのでしょうか…?



T様、
二度目の来店まではメイプルと決めていたそうですが、


実際にモンキーポッドを見ると
またまた
あらためて悩み始めたご様子です!



そこでっ!
ソウルバードから
ご提案させていただきました!



「確かにモンキーポッドは
メイプル材よりはグレードの良い材ですが、
そこまで悩まれるのであれば、
まず価格を抑えたメイプル材を
試されてみてはいかがでしょうか」



来店時には4世代目!!のオーバーホールした
IWCの時計を手にしていました。

さらに話を掘り下げていくと、
お祖父様からいただいた
思い入れのある時計とのこと。


おおっ!!
なんとも素敵な話じゃありませんか!!
そのお話を受け、
ソウルバードは改めて…。
T様に誠心誠意、ご案内をさせていただきます!!



「今後、お客様が歳を重ねられて、
改めてご検討いただく機会があれば
次回はより良い材を検討してみることもおすすめします。」

というのも、
例えば!ですよ。


5本サイズで40万円の時計ケース!
というのは
かなり、希少性が高いハイグレード!ということです。
「希少性が高い」という事は
今後、同じような金額帯で手にする事は
だんだんと難しくなってくるという事でもあります。


同じ40万円で
時計を購入するなら
時計ケースを先に手にしたほうが良い、
と判断されるお客も多いのが現実です。


弊社のサイトのブログやSNSに
全て目を通してからいらっしゃったというT様。
その熱い思いと向き合いながら、


T様は
「お話を聞き、もう一度、検討してみます!」
とのことで改めてお帰りに。


さてっ!

お客様はどの材を選ばれるのか!?!?
こちらもなんだか、無性にドキドキしてまいりました。


それから数日後…。
T様から、お電話です!!
「実は先日のメイプルではなく
希少材に変更してもらいたい、と思っていまして….」


承知いたしました!!!!
なんだか熱い展開になってきました。
こちらも気合を入れて
3回目のご来店をお待ちします!

材を巡る旅の末に…。

と、いう事で…!!
この日がとうとうやってきましたよ~!!
三度目の正直ならぬ、T様、三度目のご来店です。
ありがとございま〜す!!


実は二回目のご来店のあと
トチ材も新たな候補にされていたそうですが…

「コア材で安いものだと、どんなものがありますか?」

という質問…
突然、ハイグレード材ですか!!

そこで
「一枚の共板で制作するのではなく、
天板と側板を別々のコア材で制作するとお安くなります。」

とご案内させていただきました。

ちょうど
「ありました、ありました!」
「同じ雰囲気のシラタが入った天板材が2枚数ありましたよ~!」


この材ですと
「2ケース制作できますので
完成後、お好きな方を実物を見て選んでください。」
とご案内。


メイプルかモンキーポッドで悩まれ、
メイプル材から方向転換されたT様は、
長きにわたる、材を巡る旅の末…
高級材ハワイアンコアの注文となりました~!!





ちなみに

納期はざっと4カ月程です!
ジムニーの納期は1年程と聞いていますので
それと比較すると
メチャクチャ早い!!(汗汗)


最終的にT様の決め手となったのは、

「希少材のお話を聞いて、時計ケースが
今後、自身の子どもに
引き継げるものであったらいいな
と思ったんです。」

とのことでした。


お祖父様からいただいた時計について、
思い入れをお話してくださった T様らしいごお話です。
ありがとうございまーす!!


せっかくですので
悩みに悩んだコア材と
当日されていたロレックスと一緒に撮影です。


ロレックスデイジャストとハワイアンコア材、
内装に使う
「地中海放牧ラムスエード ロイヤルブルー」を一緒にパシャリ!

ソウルバードでも
三度にわたりご来店いただき、
ご検討されるお客様というのは、
はじめての経験でした!

T様、これからも
素敵な時計ケースライフを
お送りください!!

思い入れのある特別なものを
入れる箱として
ソウルバードを選んでくださり
ありがたい気持ちでいっぱいです。

その思いに応えられるよう、
精一杯製作させていただきます!

ケースの納品を楽しみにしていてくださいね!!

レザーの選び方はこちらも参考にしてください