アクアノートとコア材

季節感を感じ始めた東京です。
そんな中、お客様がご来店です。
昨年になりますが、一度通販で
時計ケースを納品させていただいたK様。
それからざっと1年。
「時計が増えてしまって…」という
うらやましい悲鳴とともに 2台目の
時計ケース選びです。



あれだ!!

ようこそ、半地下ワールドのソウルバードへ
誠にありがとうございま〜す。

あれ!!

カーキグリーンのベルト
ということは…

「もしかしてアクアノートですか?」

「はい」

キタ〜!

初のカーキグリーン アクアノートです。
「5168G-010」

雑誌ではみていましたが
現物は初めてですね。

いや〜いいですね。
何ともいえない「品」が漂います。

欲しい!!

とはいっても「雲上御三家」の代表格!!
もちろん高額すぎるというハードル!!
それと似合う似合わないもありますからッ!!

「エレガンス〜」

主張のつよすぎないパテックさん。

やはり凄い時計メーカーさんですね。

(当たり前か!!)




黒柿とハワイアンコア

さてご来店のK様、
今回はご予約の段階で
「黒柿かハワイアンコアを検討しています」
とのことでしたが

現物のハワイアンコアをご覧になると、

「やっぱりハワイアンコアですかね〜」

とのご感想。

ということで早速、材の選定にはいります。


ソウルバードでは
ハワイアンコアと黒柿はセットになっていますので(笑)
次回黒柿さんもよろしくお願いしま〜す。




ハワイアンコアの3D感


さてこの魅惑のハワイアンコアですが、
実はお写真ではその良さが伝わりにくい材の代表格でもあります。
撮影するたびに頭をかかえています。


「何が伝わらないのか?」


というと


「特有の3D感」です。

何度撮影してみても
この3D感がでないのです。
腕? 性格? 


そこで最近では
地味にyoutubeにも挑戦してみています。



現在のところ登録者数39名という
希少なyoutubeチャンネルです。

まっ、画像よりは伝わると思いますが
やはり肉眼で見るのとは全然違います。

ハワイアンコアの時計ケースを
検討されているお客様は
是非、ご来店されることをお勧めします。

なんだかんだ言っても
最終的には「人間の目」が一番です。




ハワイアンコア

ということで早速材の選定を初めていきます。

まずは

カイマナビーチを思い出すような
穏やかな杢ですが
シラタが入って
ワイルドな雰囲気に仕上がりそうな材。






そして

ちょっと撮影がへたくそでしたが
ノースショアの風を彷彿させる
「あらーいモクモクの3D感」




そして

マウナケア育ちを感じる
ワイルドカーリー!!




そしてそしてお選びになったのが
この板!!

濃い〜カーリーですね!


肉眼で見ると、他の材より3Dが
深〜い感じで現れています。
色のバランスも
ワイルドですね!!

「間違いない」選択です。

制作方法としては
この一枚の材で
「天板」「側板」を
組み上げていこうと思っています。

ワイルド〜な時計ケースの予感です。

ご注文ありがとうございま〜す!!




アクアノートと記念撮影


内装はフランスの放牧ラム(K001)で
決定しましたので早速記念撮影です。

K様、ご注文、ありがとうございます。
エレガントな時計も拝見させていただいて感謝感謝です!!

早速製作に入りますので、完成を楽しみに
お待ちくださいませ。


ここで コア材についてのご案内

写真や映像では杢目をお伝えできない
『ハワイアンコア材』。

ソウルバードでは実際に御覧いただけるように
池袋にてストックしております。

ご検討されているお客様は
ぜひご来店の上、実物の木材を御覧に
なられることをお勧めいたします。

いつも応援ありがとうございます。