メイプル・オーク材の予定が….

週頭ですが二組のお客様のご来店です。

目的はメイプル・オーク材の予定ですが
大きく方向転換です。

 

 

 

ちょっと季節の変わり目。

東京の今朝6時の気温は11度。

ちょっと前までTシャツでOKでしたが
あわてて衣替えの季節です。

 

 

 

ソウルバードでも年末までに納品を
ご希望されるお客様で
お問い合わせを多くいただいておりまして
バタバタ、という雰囲気です。

 

 

 

そんな週頭の月曜日、
二組のお客様にご来店いただきました。

 

 

 

最初のお客様は
メイプル材とオーク材を迷われましたが
オーク材の時計ケースに決まり
年内納品ができそうです。

 

ありがとうございました。

 

 

 

最初のお客様が帰られてから1時間後、
お二人目のお客様のご来店です。

 

 

お二人目のお客様のご希望

ご希望をお聞きすると
最初にご来店されたお客様とほぼ同じようなご希望です。

 

 

お一人目のお客様と同様
メイプル材、オーク材を見ていただきご案内です。

 

 

 

このクラスの時計ケースに革を貼ると
pigレザーで●●円、シープレザーで●●円、放牧のレザーだと●●円、、、、

 

おおよそ完成時の金額の目安がついていきます。

 

 

 

そんなご案内をするなか、

「木材のランクをもう少し上げたら、
どんな木材でどれくらい違いますか?」

とご質問。

 

 

 

 

メイプル・オークより上で、カジュアル材。

 

 

 

 

今ですと「モンキーポッド」「ゼブラウッド」クラスで
ワンランクupです。

レザー代込みで¥78000ほどです。

 

 

 

 

このクラス以上になると、金額がガラッとかわってきます。

 

 

 

 

今度は「モンキーポッド」「ゼブラウッド」を
ショーケースからとりだし
またここでもレザーの種類と金額をご案内です。

 

 

 

 

メイプル・オークと異なり
おおよそのレザー代金が含まれていますので
説明が簡単です。

 

 

 

 

革の色味や錠前の有無などを検討いただいた結果、
おおよその仕様の目安がつき、

時計ケースは『モンキーポッド』で決定です。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

『モンキーポッド』はハワイのカジュアル材。

 

でも雰囲気は日本の木材とは
大きくことなり、オンリーワンの雰囲気を醸し出しています。

 

 

そんなに高くないけど、
何となく、高そうにも見える、独特な風貌です。

 

 

 

明細とお支払い

モンキーポッドの詳細な仕様がきまり
お支払いも完了です。

 

 

メイプル・オークよりちょっと高くなりましたが
独特の雰囲気でお客様も満足の様子です。

 

 

 

ソウルバードでは、
全ての時計ケースがフルオーダーか、セミオーダーです。
「つるしのケース」がありません。

 

 

 

 

 

万一の間違いが無いように、
詳細な仕様・明細・納期などを印刷しお渡しします。

その事務準備の間、
ちょっと時間がありましたので別のケースもお見せすることに。

 

 

 

同じハワイの木材で
完成したばかりの時計ケース。

 

 

 

時計ケースは、『ハワイアンコア』

「3本用サイズのハワイアンコア」です。

ショーケースから出してお見せすることに。

 

 

 

完成したばかりで
サイトにもupされてないのですが
フライングで。 (※下記のケースはお問合せがありましてsoldoutとなりました。ありがとうございました。)

コア材3本用時計ケース

 

何とも言えない、色気が漂う時計ケースです。

 

 

 

 

「今後の参考にしてください」

という、軽い気持ちだったのですが

お客様が驚きの表情に……。

 

 

 

 

声にすると、

「何だこれは!」
「この3D感! これはすごい!」

 

 

 

まさにそんな感じかと想像できます。

 

 

 

私としては、
せっかくご来店されたので
今後の参考にでも………
という軽い気持ちだったのですが。

 

 

お客様は「クギヅケ」です

 

 

方向転換

「知らなければ済んだものを
知ってしまったばかりに……」

お客様の心の声はそんな感じでしょか。

 

 

 

 

お客様が

「すみません。
モンキーポッドやめて、
ハワイアンコアで5本用サイズをつくってもらってもいいですか!」

 

 

 

「ええ!モンキーポッドからハワイアンコアに変更ですか!」

 

 

大きく方向転換です。

 

 

 

若干軽い気持ちのカジュアル材から『超希少材』です。

 

 

 

ジャンルも違えば、方向性も違います。

お値段も3倍以上します。

大丈夫でしょうか。

 

 

 

 

ご来店当初、
メイプル、オークをご覧になっていたのですが….
それらのケースが比較すると10倍ほどの金額の時計ケースですが….

 

 

 

 

激しい方向転換です。

 

 

 

 

しかし、ハワイアンコアをご覧いただき
ここまで驚いていただくと
私たちもやりがいがあります。

 

 

 

ちなみに、この3本用サイズのハワイコアは
出来映えも凄かったのですが
何とも言えない妖艶な色気が漂う時計ケースなのです。

 

 

 

板材から選び出します!

「5本用サイズのハワイアンコアの時計ケース」

という事で、完成品がありませんので
フルオーダーでの製作です。

 

 

 

 

早速、お客様の希望されるような
グレードの高いコア材を選び出していきます。
池袋の天井でシーズニング中のコア材です。

コア材 シーズニング

 

候補の板材を選び出し
水で濡らして
塗装後の雰囲気を想像します。

 

 

 

大の大人が2人で真剣に木材選びです。

事情を知らない人が見たら、

どう見えるのでしょうか(笑)

 

 

 

いつものごとく

素人のお客様には難しい作業です。

 

 

 

「この木目を右にする、左にする」
「あの木目を前にする、後ろにする」
「シラタを入れる、入れない」
「でもシラタはやっぱり入れたほうが…」
「底板はどうする….」

 

 

 

そんな感じで

いろんな仕様を検討して

最終決定しました。

 

 

 

この板で製作です!

5本用時計ケースのコアの板材

 

 

 

すごい時計ケースが予想されます

選んでいただいたコア材。

かなりグレードが高く

すごい時計ケースの完成が予想されます

 

 

 

 

こまかい仕様を確認し、
あらためてお支払いです。

 

 

 

先ほど決済いただいた金額に
23~24万ほどの追加です。

 

 

 

モンキーポッドとは

随分と金額がかわってしまいましたが

これだけコア材に感動されたお客様のためにも

頑張ってハイグレードな時計ケースに仕上げます。

 

 

 

完成まで3~4ヶ月のお時間がかかりますが

完成後、また写真UPいたします!

 

 

 

お客様、ご注文、誠にありがとうございました。