時計ケース完成です!←今年2回目の時計ケース選びです。

1月に一度ご来店のお客様。
それからいろいろと検討されて
2回目のご来店です。

ディープブルー

最初のご来店は
まだ寒い1月でした。
その際は
色々な樹種をチェックされて
一旦ご帰宅に。

今回2回目のご来店です。
最初のご来店から4ヶ月ほど。

結構ソウルバードのサイトをご覧いただき
ほぼディープブルーでお決めになって
ご来店です。

カジュアル材でもモダンに

メイプル材にも
多くのランクがあります。

その産地により、
レッドメイプル、シルバーメイプル、ビックリーフメイプル
カーリーメイプル、ソフトメイプル、ハードメイプル……

ま、カエデ科となります。
その木目のグレードにより
大きく金額が異なります。

ソウルバードがカラーリングに使うのは
「ソフトメイプルの木目がないやつ」
という事になります。

木目がないと結構ツマラナイ仕上がりとなってしまいますので
カラーリングする事で
かなり「モダン」なケースに仕上がります。

ディープブルー カラーリング
ディープブルー

このディープブルーのカラーリングは
結構綺麗です。

そもそも白系の木材に
ダーク系のカラーリングをしていますので
あまり細かい事が気になってしまうお客様や
工業製品のようなものを期待されるお客様には不向きです。

と言うか、
そもそもソウルバードの時計ケースは
自然素材の木材・革をベースにし、
手作業で1ケースづつを仕上げる手工芸に近いものです。

そのため、無機質な工業製品のパーツのような
仕上がりをお求めのお客様には
ソウルバードの時計ケースは不向きです。
当たり前のことですが、
この点はご注意ください。

お客様にも
その点をご理解いただき
実際の仕上げに使う
「実物のケース」をチェックいただき
このケースで決定です。

「メイプル」
「ディープブルー」
「TOP ガラス」

こちらの仕様で御注文です。

レザーも

つづいてレザー選びです。

拝見すると、
されている時計は『モンブラン』。

かなり迫力があり、
モダンな雰囲気の時計です。

いろんなレザーを比較しましたが、
ロイヤルブルー(地中海放牧ラムスエード)に決定です!

このレザーは
高品質、高発色で
素晴らしいレザーです。

地中海放牧ですが、
まるでフランス放牧のスエードを
超えるレベルの出来栄えです。

時計ケースは
ディープルー、
内装レザーは
ロイヤルブルー。

凄いケースの仕上がりが想像できます。

撮影してみます。

お選びの時計ケースに
レザーを入れて
時計と撮影です。

MONTBLANC ニコラ リューセック
「MONTBLANC ニコラ リューセック」

スケルトンになっていますね。

撮影ご協力ありがとうございます!

完成後、お受け取りでご来店いただきますので
その際には
時計を収納した写真もUPできればと思っています。

ご来店のお客様、
誠にありがとうございました。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
完成後、
ピックアップでご来店です!

完成したケースはこちらです!

5本用時計ケース ディープブルーカラー
5本用時計ケース ディープブルーカラー
4本仕様時計ケース ロイヤルブルースエード
4本仕様時計ケース ロイヤルブルーカラー

早速お客様の時計を収納してみます。

モンブランを時計ケースに

いい感じですね!

この時計ケースのクッションホルダーをご覧ください。
結構小さめです。

男性のお客様ですが手首周りサイズは『14cm』。
かなり細いサイズですが
しっかり計測して制作しましたので
ちょうどいい収まり具合です。

長くお使いいただければ幸いです。

ご来店のお客様、誠にありがとうございました。