ロレックス アイスブルー

今年は何だか梅雨が長く感じられる東京。
気のせいですかね。
Tシャツだとちょっと寒いくらいですね。

そんな中、さわやかな雰囲気のお客様が
初めての時計ケース選びでご来店です。



アイスブルー

初めてご来店のS様。
早速ご挨拶させていただきますが
時計がピカリ!!

「もしかしてアイスブルーですか?」

「はい頑張って購入しました!」

頑張って購入できるのが羨ましい!

何とも美しい時計でかなり目立ちますね。
日焼けして筋肉質のS様、
アイスブルーの文字盤がかなり映えて見えます。
どこかのモデルのような雰囲気です。
何かいいバランスですね〜

「これを入れる時計ケースを探しています」とのことです。

「はい、ありがとうございます。」

ご予約の段階で
『黒柿の時計ケース』と『時計トレー』
を検討されているとお聞きしていましたので
素材となる材をご用意しておきました。

ということで
早速、黒柿材のご案内をさせていただきます。




黒柿のお値段の差

まずは度々このブログでもご案内している黒柿材ですが
改めて、その金額の「差」を改めてご案内しておきます。

まずは比較的お安くご検討いただける黒柿は
こんな感じです。

黒柿材天板板 

特徴としては
「杢(モク)」が比較的単調です。
ただし、時計ケースとして完成すると
「シックリ」とまとまります。



そしてちょっとお財布に重い黒柿です。

黒柿材天板-2

なんかよくワカンナイ模様が複雑に入り混じっています。

「いったい何でこんな模様なの????」

と感じる、こういった黒柿はお高くなります。





ただしこのお値段の「差」はあくまで木材の金額のお話です。

お肉なんかだと
よく好き嫌いがはっきり分かれる「ラム肉」。

「あの匂いがダメ!」という方もいらっしゃれば

「毎日、羊さんでOK!!」という方もいらっしゃいます。

ちなみに私はこのラム肉と赤ワインの組み合わせに目がありません。

黒柿においても
単調な杢がお好みのお客様、複雑な杢が好きなお客様がいらっしゃいます。
最終的には「好み」ということになりますので
「お値段」とうことだけではなく
「感性」でお選びいただくのが間違いないかと思います。




ちょうどいい黒柿

さて、S様にも
いろいろな黒柿材をご覧いただきます。
天板用の黒柿だけでも
数十枚、ストックしています。

ほぼ、皆さん当たり前のように
迷われます。

そうこうしているうちに
「これは安くて」
「これは高い感じ」
なんてことがダンダンとわかってきます。

S様も
黒柿の予定ながらも
「ハワイアンコア」が気になってみたりされているようです。

たしかに「ハワイアンコア」
いいです。

このクラスの時計ケースを検討されているお客様の場合、
ほぼほぼ
「ハワイアンコア」or「黒柿」を迷われます。

しかし、それでは時間の問題で
最終的には
「ハワイアンコア」「黒柿」の
どちらも所有されているお客様が多いようです。

それくらいどちらも「凄い!」とご理解ください。

S様も
迷いに迷って決定しました!

黒柿材天板-003

複雑な「杢」があらわれた「孔雀杢(クジャクモク)」!!

ありがとうございます!!

早速、
お選びになった黒柿材と
内装に使うフランス放牧ラム(型番 K001)記念撮影してみます。

黒柿もいいですが

アイスブルー、かっこいいですね!!!!

アイスブルー ロレックス





時計トレー

S様ですが、
ご予約の段階でお聞きしていましたが
「時計トレー」も検討されているようです。

ソウルバードでは、
レギュラーで制作しているトレーが3種類ございます。


オーク材 時計トレー


トチ材 時計トレー


ブラックウォールナット材 時計トレー

この3種類のトレーは
通年、ご注文をお受けしていますので
ま、慌てて購入しなくても大丈夫です。

必要な時にご検討下さい。

それと、
たま〜に、時計ケースを制作した際にでた端材でも時計トレーを制作する場合がございます。
一例ですが、こんなものがあります。

縞黒檀材 時計トレー

超高級材の縞黒檀材の時計トレーですが
端材のため、お値段は格安!!

ライムスター宇多丸さん的に表現すると、

ほぼタダ同然

です。そんなトレーが

S様、ありました!!

端材で出来上がったばかりの
ちょっと赤みが強い
何と!!
「アマゾンローズトレー」です。

もう一度申し上げます。
「アマゾンローズトレー!!」です。

たしかに、
そこそこの金額はしますが

「ほぼタダ同然!!」

というか
「アマゾンローズのトレーが手に入る」
というのはプロ的には
「ほぼ奇跡!!」です。

もはや
「迷ったり」
「モタモタしていたり」
「考えたり」
してはいけません。

こんなタイミングは「稀(マレ)」です。
「買うしかありません」

という気持ちが伝わったのか
S様、お買い上げです!!

「ありがとうございます」
というか
正しくは

「おめでとうございます!!」

です。

またレザー貼りをしていませんので
使用する「地中海放牧ラム」と一緒にパチリ。

アマゾンローズトレー

オイル仕上げで仕上げられたアマゾンローズ。
何とも美しい仕上がりです。
アンティークになっていきますね。

このアマソンローズの時計トレー、
私たちが知る限り、
世界中に3〜4台しか存在しません。

それって凄いことです!!

「本当におめでとうございます!!」

黒柿の納品まで4ヶ月ほどかな〜
と思いますが、
楽しみにお待ちくださいませ!

S様、誠にありがとうございました。