時計ケース 「根っこクラブ」のK部長から

「根っこクラブ」のK部長。
もう十数年のお付き合いのお客様です。

「けやき材」の見学でご来店です。

先日「希少材通信」でご案内したケヤキ材。

希少材通信を送信後、
20〜30分でsoldoutとなりました。
お買い上げのお客様、
誠にありがとうございます。

「ケヤキ材時計ケースを 納品前に一度見たい!!」

という事で、
「根っこクラブ」のK部長がご来店です。
(根っこ=バール材)


『けやき材の時計ケース』はこちらです↓

前面 ケヤキ材時計ケース
ケヤキ材時計ケース

「根っこクラブ」のK部長。

最初のご来店は..確か
普通のメイプル材の時計ケースを検討されて
ご来店の記憶があります。

ただし、その時から「木の美しさ」に
コレクション心が湧き上がり
その後、次々と時計ケースを収集されています。

Gallery / ギャラリー

そのコレクションが多岐にわたるため
ソウルバードのサイト内の「Gallery」にて
コレクションの時計ケースをご紹介しています。

『けやき10本用サイズ』
『黒柿』
『 メイプルバール1本用サイズ 』
『 メイプルバール5本用サイズ 』
『 縞黒檀 』
『 けやき多用途サイズ 』
『 たも玉杢』
『とちバール』
『板目黒檀 』 。

ありとあらゆる樹種の
時計ケースを所有されています。

そんなK部長が半年ほど前に
「花梨バールの5本用サイズ」を
見学にご来店。

カリン材 時計ケース
カリン材 時計ケース

もはや
収納する時計がない程の時計ケースを所有されているK部長。

それでも「根っこ(バール)は気になられるようです。

ちょどその際に
時計ケース制作の際に出た
『ホンジュラスローズ』の端材を
数本差し上げる機会がございました。

実はK部長は『箸(はし)』にも
うんちくをお持ちで、
お使いになる箸をさまざまな樹種で
職人さんにオーダーメイドされています。

そんなお話をお聞きしていましたので
時計ケースとしては使用できない細い端材を
プレゼントさせていただきました。

K部長が、また次回、箸をオーダーメイド
される際の材料として使っていただければ、
「記念になるかな~」
なんて気持ちで差し上げた次第です。

なんと、それからザックリ半年後..

今回「ケヤキ材」の見学で見えたはずのK部長からプレゼントが!! 





何ということでしょう!
半年前にプレゼントさせていただいた
ホンジュラスローズが、
『ホンジュラスローズ箸!!』として
ソウルバードに戻ってきました。

恐縮です。 ありがとうございます!!

箸を制作された職人さんは

小栗蔵太さん

摺漆(スリウルシ)にて
八角に仕上げがされています。

よくみると『手かんな』で時間をかけて制作されていることがわかります。

私は箸については知識がなく
早速検索してみると 出てくる出てくる!

いろんなところでご紹介されている職人さんです。

というか、かなり高額のお箸のような…

恐縮です。
ありがとうございます。

K部長のお気持ちと
小栗蔵太さんさんの手により完成した箸!

時計ケースと同じくまさしく

世界で一つだけの箸!

として大切に使わせていただきます。
明日から、今まで以上に大切にご飯をいただきます。

何か逆にK部長に、散財をおかけしてしまいました!
本当にありがとうございます。

今後も末長いおつきあいの程、
よろしくお願いします。

いつもありがとうございます

*「根っこクラブ」のK部長は
こちらのブログにも少し登場されています。