バシュロンとデイトナ アイスブルー

革ベルトを伸ばして1本のみ収納する時計ケース。
ベルトを傷めたくない…
高級時計をストックするため…
革ベルトをまるめたくない…
ベルトを含め、時計全体が見えるように収納したい…
事情は実に様々です。
ただし、経験上、高級時計が収納されることが多いようです。




具体的なサイズ

都内よりT様ご夫婦がご来店です。
ありがとうございます!

ご予約の段階では次のようなご希望です。

「1本の時計を伸ばして収納用ケース」を2つ
「ディスプレイ用5本収納用ケース」を1つ。

伸ばして1本収納用、という場合、

1:高級時計をストックするため。
2:使用中の時計で、ベルトに負担がかからないように収納したい。

ざっと、こんな理由が多いようです。
つまりベルトを傷めないで収納したい、という事です。



1:『未使用の高級時計をストックするため

高級時計に使用されるベルトは
ベルト自体の革の品質がとても高いものです。

おいそれと交換できるものではありませんし
2度と入手できないベルトも存在します。

こういった未使用の高級時計をストックされる場合は
わざわざベルトを丸める必要はありません。

この場合、
迷わず「ベルトを伸ばして収納する時計ケース」を選択ください。
数年後、数十年後、あるいは数百年後、
あっと驚くようなデッドストックの時計が
世界を驚かすかもしれません。



2:『使用中の時計で、ベルトに負担がかからないように収納したい』

お使いになっている時計、という事ですね。

この場合は、ベルトにできるだけ負荷をかけないように
「ベルトを伸ばして収納する時計ケース」でもOKですし
「クッションに巻いて収納」のどちらでもOKです。

ただし、今日1日使用した革ベルトには
当然、汗などの有機質が付着しています。

セームレザーで綺麗に拭き上げた後に
一晩、時計用トレー等で乾燥させてから
時計ケースに収納される事をお勧めします。

ここで注意です。

一旦丸まってしまった革ベルトを
無理に伸ばして収納しようとすると
革ベルトはどんどん劣化していきます。
丸まった革ベルトは丸まったまま形のままで収納するか
クッションに巻いての収納がベストです。




早速、1本用時計ケースの樹種選定です。

ご来店のT様、
「この木材じゃなければダメ」というご希望はありませんでしたので
池袋にストックしている
様々な樹種をチェックしていきます。

まずは…

「タモ材の珠杢(タマモク)」ですね!

タモ玉杢

この泡泡っとした木目が「珠杢(タマモク)」と
呼ばれていましてこれが入った材は高額になります。
(色が濃くなっている部分は、木目がわかりやすいようにアルコールを吹き付けています)

逆に、こういった杢(モク)が入らないと
ちょっとツマンナイ模様になってしまいまして
身近なところですと
バットの素材になったりして野球界で活躍しています。


そして「楠(クスノキ)」の瘤(コブ)部分です。

クスノキこぶ
nor

この木目が現れると高額になりますが、
現れない場合は木彫りの仏像の素材になったもします。

それと医薬品の樟脳(ショウノウ)の素材ともなるため
アロマ的な香りがします。
ハーブ系、香草類の野菜の香りが苦手なお客様は
注意が必要です。

次に、なんっ、なんと「ブラジリアンローズウッド」!!

俗に、「ハカランダ!!」っていうやつです。
ギターを弾かれるお客様だと
これでどんなに価値があるものか
ご存知かと思います。

ブラジリアンローズウッド

当たり前なのですが

「かなり貴重品」の部類です。

オイル仕上げにすると、

驚愕の美しさを放ちます。

このブラジリアンローズウッドですが
何故ソウルバードで今まで扱わなかったのか、
と言うと、
ただ単純に

「無いから」です。

そうなんです「無いから」作れないんです。

じゃ、何であるのよ! と言うと…

ギターのネックの指板にするには、ちょっと短い、
ウクレレのネックの指板にするには、かなり高額すぎる!
っという事でソウルバードでお世話させていただくようになりました。

ただし、小さいサイズですので
「時計を伸ばして1本収納」という時計ケースが
1ケースしか制作ができません。
気になるお客様はお声をかけてください。
(高いのです!!)

また当然のようにワシントン条約にて
輸出入制限がかかっていますので
世界各国を飛び回る!!
なんてお客様には
かなり不向きな時計ケースです。

じっ〜と

日本で生活されるお客様でしたら

凄〜くおすすめです。

しつこいようですが

「貴重品」です。

楽器メーカーの方は現金より価値があると考えています。




それから「トチ材」の
変な、というか
面白い木目のやつです。

nor

これもかなり不思議な杢が現れています。

樹木が成長する過程で
キツツキなんかが突っついたりして
樹木に傷がついたります。

そんなところに菌なんかが入り込んで
黒い模様が生まれていきます。

こんな経緯から
ほとんどは
「割れ」「腐り」「虫食い穴」があったりしますが

この個体は無傷です。

おそらく1000分の1程の割合かと。
珍しいトチ材です。
でも高額です。



超高級材?

いろんな材をご覧になったT様。

最後に気になったのが
ショーケースに入っていた黒柿材のケースです。

まさにご希望のサイズではあるのですが

ご来店当初は

「渋すぎる〜」

だったのですが、

フランスラムのベージュレザーと
組み合わせてみると

「モダン」な雰囲気です。

そうそう、
パテックさんのショールールなどで多用されるのも
縞黒檀ですね。

まっ、縞黒檀といっても無垢材ではなく
突き板なのですが…
実にモダンに仕上がっています。

「仏具」というイメージが強い材でもありますが
デザインによっては
モダンな雰囲気を醸します。




そんなかんだで
様々な樹種をご覧になったT様、

結果
フランスラムベージュと
黒柿の組み合わせでご注文です。

それも2ケースです。

ありがとうございま〜す。



この黒柿材は
10本用サイズの黒柿材時計ケースを制作した際に
ちょっとだけ出た端材で制作しています。

5本用サイズや3本用サイズを制作するには
奥行き(幅)が小さいのです。

そのため奥行きサイズが小さくてもOKな
「革ベルトを伸ばして収納」用ケースとしてご用意していました。

結果、黒柿としては超破格値となっています。
お役に立てて幸いです。

この手のケースサイズをご用意できるタイミングは
かなり稀ですので、
絶妙のタイミングでのご来店だったと思います。

今回はこの黒柿材の時計ケースを
2ケースご注文いただきましたので
予算オーバーとなり
5本用サイズケースは次回再度検討いただく事に。

お待ちしていま〜す!
次も黒柿ですかね!!




恒例の記念撮影をしてみますと

黒柿材とフランス放牧ラムベージュ、

時計はバシュロンさん
フィフティーシックス・コンプリートカレンダーのようですね。

それとデイトナ アイスブルーのようです。
カッチョイイ!!

いい時計を拝見させていただきました!

バシュロンとデイトナ アイスブルー

高級時計ですから
黒柿材の時計ケースに収納すると
ピッタンコ! と思っていたところ
黒柿材に収納する時計は
どうもこちらではないそうです。

ムムッ!


収納される時計は
現在ご注文中で、納品待ちとのお話。

もし時計ケースの納品のタイミングと合えば
すごい時計を拝見できるかもしれません。

T様、ご注文誠にありがとうございました。





と、それから数カ月の時が過ぎ




いよいよ完成です

ちょっとお時間をいただきましたが
いよいよ完成ですね。

まずは時計ケースの全体像。

杢がまとまって
かなりイイ感じです。

ただならない雰囲気

そして内装は
おフランスのレザー。

はい。
これ以上のグレードのレザーは
この世の中に存在していません。

極めて美しい仕上がりです。

早速
T様に完成のご連絡を差し上げると

>ピックアップの前に
>「特注のプレートをお願いしたいんですが…」

はい大丈夫ですよ!
レーザー刻印しますので
データか文言をお知らせいただければ
制作いたします。

>「じゃ、これでお願いします」
>「5524R-001」
>「7234R-001」

はい承知しました!

ムムッ!

それからしばらく
T様ご夫婦が
ピックアップご来店です。
わざわざありがとうございま〜す。


そこで登場したのが
レーザー刻印した型番通りの時計のようです!

せっかくですから時計を収納して
パチリ!!

(画像にはupしていませんが
 Patekさんの型番のプレートももちろん納品させていただきました)

パテック
パテック
パテック
パテック

世界でもっとも希少なラムレザーを使い、
世界で1つだけの刻印プレートをうち
世界で1つだけの時計ケースが完成しました!!

T様にも大変喜んでいただけたようで幸いです。
長い事お待ちいただきまして
誠にありがとうございま〜す。

またのご注文、楽しみにお待ちしています。